event calendar

ワークショップ  2016-10-31 (月) 15:00~18:00

Dr.慈観トラウマヒーリング ミーティング 地震によるPTSDを解消するための意見交換会

熊本地震で被災した方々へ、ボランティア(無料)でプロフェッショナルヒーリングお話会を開催します

 

ひとりでも多くの被災者のみんなに

(揺れを感じた方みんな、かもしれません)

ちょっとでも 心を楽にしていただけたら!

あの時 恐かった気持ちを

手放していけたら!

…それだけでいいと思っています

 

これから <PTSD*=Post Traumatic Stress Disorder=心的外傷後ストレス障害>を

癒していくことは この熊本の未来を

明るくすることだと想います。

この機会に ぜひとも ご参加ください

 

*PTSDとは??

強烈なショック体験、強い精神的ストレスが、こころのダメージとなって、時間がたってからも、その経験に対して強い恐怖を感じるものです。震災などの自然災害、火事、事故、暴力や犯罪被害などが原因になるといわれています。

突然、怖い体験を思い出す、不安や緊張が続く、めまいや頭痛がある、眠れないといった症状が出てくることです。

 

日時:10月31日(月) 15:00〜18:00

参加費:無料(要スウィーツとお茶のオーダー600円)

 

 

【アダラーコリンズ  慈観 博士/Dr. Je Kan Adler‐Collins】

 

現職:農業従事、大学教授(2017年4月国際看護学教授にて就任予定)

 

英国生まれ。英国軍隊で看護師をしていた際に沢山の兵士が亡くなる場面に遭遇し、また自分自身が受傷したことをきっかけに、世界各地のヒーリングを学ぶ。英国政府による補完・代替医療の認定基準作成に係り、2000年英国を離れて来日した後、自らの病気や怪我により病院に入院した際の経験から日本における看護大学でのヒーリング教育の意義を感じ、すでに英国で行っていたヒーリングカリキュラムを日本でも実践することとなる。

 

2002年より福岡県立大学看護学部において、文部科学省の認可を得た本邦初のヒーリングカリキュラム教育を学部生対象にスタート。同時に、地域住民対象にヒーリング教育およびヒーリングサービスもスタートし、2009年には大学のアウトリーチコースとして東京においてホリスティックタッチのプロフェッショナルコースを開催し、セラピスト24名を輩出。2010年熊本県内の地元に、教育・研究およびケアの提供を目的とするNPO法人統合ケア教育研究会を設立し、以後そのNPO法人主催により2010年群馬大学との共催にて、2011年には埼玉県内の総合病院において、また地元にてプロフェッショナルコースを開催し、現在までに50名のホリスティックタッチ・セラピストを輩出している。

 

2014年3月に福岡の大学を退職し、同年4月より中東にあるオマーン国の政府のもと、看護教育のカリキュラムデザインおよび4年生看護大学設立のための教員理事職を務め、昨年5月には辞職して日本に帰国。そして、現在は地元の菊鹿町にて自給自足を目指した農業&農場を行っている。来年4月より国内の大学における国際看護学教授として就任予定である。

 

教育学博士、英国正看護師、英国救急救命士、PGCE(英国公立学校教員免許)、

真言宗僧侶。

英国で各種ヒーリングライセンス(アロマテラピー、リフレクソロジー、バッチフラワーセラピー、クリスタルエッセンスセラピー)取得、リフレクソロジー教員免許、クリスタルヒーリングセラピスト免許。